データを活用した地域分析・地域診断

アウトカム指標に基づく分析・評価

地域包括ケアシステムのアウトカム指標に基づく分析・評価

広島県では,平成29年度までに,県内125の日常生活圏域において,概ね地域包括ケアシステムを構築しています。

今後は,地域包括ケアシステムをさらに強化していくため,医療から介護までの流れの見える化を踏まえた,アウトカム指標に基づく定量的(数値化)な分析を行い,地域特性や地域課題を明確にしていく必要があります。

当推進センターは,関係団体と連携を図りながら,地域包括ケアシステムの成果を客観的に示すアウトカム指標に基づく分析・評価の検討を行っています。

研修

データを活用した地域分析手法等研修会

データに基づく地域分析・地域診断手法等の修得を図ることを目的に、広島県と共催して「地域分析手法等研修会」を開催します。

回数 2回
対象 市町職員
県(保健所)職員等