業務ご案内 ~5つのサポート~

サポート③生活支援の体制整備

住民がより暮らしやすくなるよう
支え合いの体制づくりをサポート

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の養成,スキルアップや相互研鑽,情報交換等の仕組みを構築し,活動を支援します。
また,生活支援体制整備事業担当の市町職員の研修や情報交換会を開催するなど,市町による生活支援サービス提供体制の充実を支援します。

生活支援体制整備事業
生活支援コーディネーター養成研修

市町が選任した生活支援コーディネーター及び市町担当職員を対象に養成研修を実施します。

回数 1回
対象 生活支援コーディネーター新任者,市町担当職員
生活支援コーディネーター育成研修・情報交換会

生活支援コーディネーターのスキルアップを目的として育成研修を実施し,併せて相互研鑽や情報交換を目的とした情報交換会を行います。

回数 2回
対象 生活支援コーディネーター,市町担当職員
生活支援体制整備事業市町担当者情報交換会

市町の生活支援体制整備事業担当者の相互研鑽や情報交換を目的として情報交換会を実施します。

回数 1回
対象 市町担当職員
アドバイザー派遣事業

市町へアドバイザー(生活支援コーディネーター指導者養成中央研修修了者)を派遣し,市町の実情に合わせた支援を⾏います。
派遣を希望する場合は,市町から県保健所(支所)に派遣申込書を提出してください。(ただし,広島市は,県地域包括ケア・高齢者支援課に提出してください。)